ドーバー海峡横断泳の歴史

きっこのドーバーチャレンジまでまだ時間がありますので、それまでに少しドーバーに関しての予備知識をお伝えしようと思います。
まず最初にドーバー海峡横断泳の歴史について。
以前作成したプレゼン資料から引用。もともとの出典は"History of English Channel Swimming"ってサイトだったんだけど、いま探してみても見つかりません。
さがしてたら別のとこ、wikiの"English Channel"に横断泳の歴史が載ってました。後半の"Notable channel crossings"の"By swimming"にありますので詳しく知りたい方はそちらを参照ください。


----

ドーバー海峡横断泳の歴史

  • 記録に残っている最初の挑戦者
    • J.B Johnson (1時間でリタイヤ)
  • 記録に残っている最初の成功者
    • Paul Boyton (特別なスーツを着用してたため未公認)


最初の公認の成功者

mattherWebb.jpg
  • Captain Matthew Webb
    • イギリス人
    • 1875年8月24日~25日、現在のルール(一般的水着のみ、途中助けを借りない事)でドーバー海峡横断泳を初めて成功させた
    • 本人2回目の挑戦
    • 泳いだ距離は50マイル(約80km)
    • 所要時間は21時間45分
    • その後35年間成功者なし

その後

  • 2番目の成功者はThomas Burgess(英)
    • 1911年9月5日、所要時間は22時間35分、13回目の挑戦
  • 女性初のチャネルスイマーはGertrude Ederle(米)
    • 1926年8月6日、フランスからイギリスへ、所要時間は14時間39分(当時ベスト)
  • 1950年以降はドーバー海峡横断泳の人気が高まり多くの挑戦者があらわれた


日本人の記録

  • 中島正一
    • 1970年にフランスからイギリスへ渡ったが途中スーツを着用したために未公認
  • 大貫映子
    • 1982年7月31日に3回目の挑戦で成功し、日本人初の公認チャネルスイマーとなる
    • 所要時間は9時間32分
  • 2007年までに男性8名、女性5名の日本人が成功している

----


2008年08月05日

Tarzanに掲載された原稿

ちょっと前のTarzanにきっこのドーバーチャレンジの事が掲載されました。
ゴールドウィンの須藤さんが話し持ってってくれて、原稿も書いてくれました。ほんとうにありがとうございます。
Tarzanに掲載されたときは若干校正が入っていたと思いますがここに紹介します。


----

IMGP4027.jpgDSC02037.jpg

間違いなく、世間が北京に沸く今年の夏。時を同じくしてドーバー海峡単独横断泳に挑戦する主婦がいる。イギリスとフランスを隔てる、直線距離34キロの海峡は世界中のスイマー憧れの場所。単独横断泳のチャレンジャー生山起久子さんは中学生と高校生の娘さんを持つ母。子どもの頃、近所に出来たスイミングスクールに通い始めたのがスイマー人生のはじまりだった。以来中学高校と水泳部に所属、卒業後もスイミングインストラクターとして勤め、結婚出産子育てを経た現在でも泳ぐことへの情熱は変らない。起久子さんがドーバー海峡を泳ぐのは今回2度目になる。7年前に仲間たちとリレーで挑戦し、2wayつまり往復泳に成功したのが最初。「いつかはソロで・・・」夢はさらに膨らんだ。ドーバー海峡横断泳の歴史は古い。これまでに単独横断泳に成功したのは1875年の初成功から800名ほどでそのうち日本人は13名(女性は5名)。実際に泳ぐ距離は潮流があるので約50~60キロになり、おおよそ15時間の長丁場だ。「早く泳ぎたい!チャレンジしたい!という感じで今はとにかくケガをしないように注意しています。」と、起久子さん。横断泳にチャレンジできる時期は天候の良い7月から9月の間で起久子さんがチャレンジに必要な伴走船を予約したのは2年前の2006年。先日、本番を想定した10時間泳を無事に終えたそうだ。「身体はベストの状態。あとは天候が変りやすいので運を味方に付けること。」横断アタックは8月後半の小潮、24日前後を予定。天候と潮の状態を見て伴走船のパイロットが決定する。「更年期をむかえる前にやっちゃわないとと思って~!」気さくで明るい彼女に天気も味方してくれることだろう。泳いだ距離は裏切らない。34キロの先には金メダルも色あせてしまうほどの何かがあるに違いない。

須藤ナオミ
-----

tide graph at Dover

1631.png

ドーバー海峡はイギリスとフランスの間の海峡です。
海峡っていうぐらいだから他より狭いです。
狭いからそこを狙って泳ぐんですけど、狭いから干潮時と満潮時の潮高差が大きく、それゆえ潮の流れも速いところです。
だ・か・ら!少しでも潮高差の少ない小潮の時期を狙ってチャレンジするわけです。
大潮の時と小潮の時でどれくらい違うのか??任意の日の潮汐表を表示できるサイトがあるのでいろいろ日付を変えて試してみてください。
今日のDoverのTide Graph

ちなみにきっこが挑戦する8月後半の小潮は8月24日前後になります。
2008年8月24日のDoverのTide Graph

これを見ると、下弦の月は8月24日ですがドーバーでは26日ぐらいが一番潮高差が小さいみたいですね。
単純に月との関係だけじゃないのが奥が深いですね。

テスト中です

とりあえず特設ブログ出来ました。
速攻で作ったのでまだバグが潜んでいるかもしれません。
バグ見つけたら報告お願いします。

特設ブログを開設しました

管理人のりょうです。
きっこのドーバーチャレンジ中の状況を実況するためのブログを新規に開設しました。
チャレンジ中もサポートスタッフからの連絡を速報でお知らせしたいと思います。
コメント欄への書き込みも随時現地スタッフへ連絡し、メッセージボードを用いてチャレンジ中のきっこにできるだけリアルタイムで伝えたいと思います。
チャレンジ当日はアクセスが集中すると思われますので、出来るだけ軽いデザインにする予定です。
また、携帯からの閲覧やコメント投稿も出来るようにしまっす。

最近のエントリー

全てを見る

最近のコメント