2008年10月07日

ドーバーチャレンジを終えて・・《きょうこ》

DSC00501.jpg

コーチへ

長年の「夢」達成おめでとう。
私たちはすっかりと、DOVERに魅せられてしまったね。
振り返ると、一緒に2Wayリレーを達成してから7年、
ずっとDOVERと共に、中心に生活を歩んできた気がします。
いつかはソロを・・・という夢を見た、二人の夢。
そんな夢の集大成を一緒に頑張ってこれた事、本当に嬉しく思っています。

「自分の夢の道は、自分で作っていく」
常に私達のテーマだったね。
だから、自分で考え、行動し、自分には何が足りないのか?
どうしていけば、いいのか?
失敗・成功を繰り返しながら、少しづつ前へと進んでいったね。
常に私の頭の中には、どこまで自分の経験を伝えればいいのか?というものがありました。
コーチのDOVERを作っていってほしかったから。
かっこよく例えると・・・真っ白な紙に、少しづつコーチの手で絵を完成していってほしかった。
色々な事を感じながら、コーチ色に!
そんな経験者としてのサポートのやり方に、時には不安になったり、疑ったり・・・。
そんな想いを、「間違っていなかったんだ」と、一度も弱音を吐かず、羨ましい位の「完璧」な泳ぎで
私に見せてくれたような気がしてなりません。
ありがとう。
胸を張って、今まで支えてくれた人達に報告できる、素晴らしい泳ぎっぷりだったと思います。

本番は約半日で終わってしまうけど、「挑戦」は約2年、本当に良く頑張ったね。
淡々と意図も簡単に泳いでしまった影には、「努力」の言葉に尽きると思います。
何をしたかではなく、何をしてきたか?
サポーターとしてずっと傍で見守ってきた私は、そんな2年間を一番褒め称えてあげたいと思っています。
そして世界中から来る挑戦者と交流する度に、凄い舞台に立っているんだなぁ。と感じていました。
何事にも曲がらない強い意志を持つ事、それは、誰にでも出来る事ではない。
サポートをして初めて感じた事でした。

同じ夢を追いかけた者同士、DOVERからもらった、経験、体験、これは、宝物だね。
色褪せる事なく、ずっと忘れずに持っていようね。
そして、そんな宝物がこれからももっと増えるといいね。

最後に、船の上で一緒に頑張った、星さん、ヒッシー、こーすけさん、ありがとう。
人形のように動かない私を、想定の範囲内と言ってくれた言葉、
実はとても救いでした。
本当にありがとう!

で、本当に最後の汚い裏話・・・
AM2:30、宿を出てから、宿に再び戻って来た、PM8:00頃まで1回も用を足さずじまいでした。
フランスから超特急でずぶ濡れになりながら、帰ってくる最中に、
どーせずぶ濡れだから、このまま垂れ流してしまおうか随分悩んだんだけど、出来なかった・・・。
今まで生きてきた中で、最高記録です。
用を足さず、約18時間過ごした記録・・・。
本番で唯一私が自慢出来る事は、こんな事しかありましぇーーーん。

素敵な時をありがとう。
おだぎりきょうこ
----------------------------------------------------------------------------------------------




※ お裁縫苦手なのに、コラボフラッグを作成してくれたり・・私に解らない様にみんなに寄せ書きしてもらってくれたり・・本当にありがとう!!
一生の宝物だよ。。

それからアルバムも・・。
7年前の初々しい私達がトップページ。
「Our Start of dream 」
夢のはじまり・・はじまり・・・

一緒に同じ夢をおっかけられた事を嬉しく思ってます。

これからも・・・海で泳ごうね!
大海原で不安でしょうがなくて くっついて泳いでた時の様に・・・。

本当にありがとう!!!!


2008年09月24日

CSAの2008年完泳者リスト

CSA公認の2008年完泳者リスト(暫定版)にきっこの名前が載ってます!
下のpdfファイルの13時間40分のとこ。

2008CompletedSwimsVer4.pdf

またDover.uk.comにも掲載されてます。
Dover.uk.com :: Channel Swimming - Successful Crossings in 2008 solo


2008年09月21日

週刊ジャーニー

weekly journey

チャレンジ成功して直後のことですが、イギリスで発行されている「週刊ジャーニー」という日本人向け週刊誌にきっこのドーバーチャレンジのことが掲載されました。
ずいぶん前にtomoyoさんから掲載号を送ってもらっていたのですが、スキャナが壊れちゃっててここで公開するのが遅くなっちゃいましたー


2008年09月20日

動画アップしました

YouTube用に10分で編集しました。

2008年09月12日

ドーバーチャレンジを終えて・・《星さん》

IMGP0638.jpg


キッコさんへ
 楽しい時間をありがとう。
 人のサポートは初めてでしたが非常に興味深い時間を過ごさせていただきました。
 私の参加スタンスとしては第三者的に船に乗り、極力応援には参加せず、ありのままを観たい思いしたが、船長の指示でラスト3kmは応援に参加させていただきました。
 (私ごとですがタイミングのずれた応援は実に泳いでいてイラダツ物です、
  こちらはがんばって泳いでいても、船上には伝わっていないようで、
  不用に「ガンバレ」の声援が発せられます。)
 今回は船長の指示の元、ラスト3kmに思いを込めて応援をさせていただきました。

今回のサポートにも良かった点、悪かった点があると思います、私なりにまとめてみました。

良かった点
 予定していた出発日に出発出来た。
 予定時間でゴールしてくれた。
 
悪かった点
 出発前に日本国内で酒抜きのミーティングが開催され無かった。
 補給時間に長い時間が必要だった。
 CCDパウダーになれてもらえなかった。
 (CCDボトルを持って行くため、雨合羽、電子メトロノーム、拡声器、メガフォン、黒糖焼酎をもって行けなかった。)
 航海中の本部との連絡方法が一般公開されなかった。
 ゴール後、泳者を2時間以上、ずぶ濡れのまま放置してしまった。


※私はタイミングがズレタ応援でも無いよりは嬉しかったですよー。
ありがとうございます。
また、国内ミーティングにおいては 全員の都合が合わず出来なかった事は私も反省しております。
また・・・補給物に関しても自分にあった物にこだわった結果皆さんに運搬を手伝ってもらう羽目になってしまい申し訳なく思っております。


最近のエントリー

全てを見る

最近のコメント